めざせ! スキー検定!!

フロントの西川です。

白馬八方尾根スキー場にて第9回スキー検定があり受検してきました。・・・が結果は惨敗!! 

二日ほど前に降った季節はずれの雨に解けた雪は一転固くしまり、ハードパックされたバーンは
強く踏み込めばエッジが抜け、踏ん張って板をおさえるのが精一杯。 さらに不整地種目では、こ
の日は "大壁" ではなく "中壁" と少し斜度はゆるかったものの、岩のように硬くなった巨大な凹
凸は滑るたびカリカリと音を立てながら 並みのスキーを寄せ付けず、 板も吹っ飛ぶ転倒者続出
の "恐怖の壁" と化していました。 オッカねー!!
 
今年の白馬は乾いたパウダーの日が多くゴキゲンで、オフピステ対策が万全だったのに・・・・!?
残念!! 技術の未熟さを思い知らされました。

平日としては比較的多い26名の受検者で、シーズン真っ只中を感じました。とはいうものの、"行
列のできる" 検定では、合計2時間で4本、つまり 一人あたり30分に一回ずつしか滑れない計算
であり、一本 1~2分で終わってしまうことを考えれば、 寒風吹きすさぶなか、他人の滑走をただ
ただ眺め続けた寒~い記憶しか残っていないような・・・・。 それでも4名の合格者があったのは、
あっぱれでした。

 | BLOG TOP |