五郎の山だより

「五郎の山だより」 今回は、奥穂高岳です。

さらに "一話完結編" のため、なが~いです。よろしければお付合いを! 


 一昨日の8月10日に奥穂高に登ってきました。
前回の槍ヶ岳と違って朝からいい天気に恵まれ、快適な山行になりました。

 いつものように新穂高からの入山で、この日は朝6時に登山口を出発し、奥穂高への最短コースとなる白出沢を直登します。
 今年は残雪が多かったわりには融雪も早く、期待していた雪渓は皆無に等しい状態でした。

IMG_1583_convert_20120812013628.jpg
乗越の突き当りにわずかに見えているのが奥穂高岳山荘。 と今回唯一の雪渓 (わずか幅5㍍ほど)。

 渡らなくても登れる "小雪渓" を、あえて歩きながら今回もアイゼン使えなかったなァと溜息まじりにも懐かしい雪の感触を楽しみつつ、小屋に着いたのが11時半過ぎ。
 
IMG_1588_convert_20120812023820.jpg

IMG_1590_convert_20120812024045.jpg
<北向き> 穂高岳山荘から見た涸沢岳

IMG_1586_convert_20120812023913.jpg
<北東向き> 常念岳と横通岳(左) 手前右は屏風の頭

IMG_1589_convert_20120812024003.jpg
<南向き> 奥穂への取り付き

 小屋でランチにカレーを食べ、正午に出発。山頂での眺望に期待しつつピークを目指します。

IMG_1594_convert_20120812030002.jpg
途中で顔を出してきたきたジャンダルム (奥穂の小屋からも裏へ廻り込めば見えます)

IMG_1593_convert_20120812025926.jpg
見えてきた奥穂山頂の祠 (右のトンガリではなく、中央奥の突起)

 奥穂山頂のケルンといえば、先代の重太郎氏が登山者の霧迷いを防ぐために建立したもの。

IMG_1603_convert_20120812033348.jpg
今ではこんなに立派に (右後ろは常念岳)

IMG_1604_convert_20120812033426.jpg
飛騨側からのガスに巻かれはじめたジャンダルム と西穂高の稜線

IMG_1605_convert_20120812033506.jpg
奥穂山頂から見下ろした上高地 望遠で寄ってみると・・・・

IMG_1606_convert_20120812033542.jpg
赤い屋根に挟まれた写真中央に「河童橋」

 左の赤い屋根が五千尺ホテル、右が白樺荘。右上の白っぽいところがバスターミナルです。
 逆をいえば、河童橋から見上げれば奥穂山頂の祠も見えるのです!! (倍率の高い望遠鏡で探してみてください)

 IMG_1608_convert_20120812064724.jpg
前穂(左)と急峻な明神岳(右)

IMG_1610_convert_20120812064802.jpg
奥穂から見下ろした涸沢 <右端の赤い屋根が涸沢ヒュッテ、雪渓を挟んでその左の赤い屋根が涸沢小屋。更にその左に弓なりの白いラインがザイテングラート>

 午後1時。今日は吊尾根を渡って岳沢ルートで下山です。この時期の平湯行の最終バスは午後6時。あわてず下りられそうです。

IMG_1617_convert_20120812065042.jpg
IMG_1615_convert_20120812064904.jpg
前穂の取り付き。午後2時をまわってしまったので、前穂の登頂は割愛です。

 奥穂からは私が下山者。この時間だと穂高岳山荘宿泊予定者がまだまだたくさん登ってきます。すれ違い時には登り優先、道を譲らなければなりません ( 前穂に行かない言い訳........泣)。

IMG_1616_convert_20120812065001.jpg
振り返れば奥穂は遠くなりにけり・・・・(紀美子平から奥穂方面)。よく見ればうっすらとトラバースしている登山道が..........。

IMG_1620_convert_20120812143419.jpg
1/4ほど下りてくると、岳沢パノラマ。中央右寄りの赤い屋根は新しくなった岳沢小屋。

IMG_1621_convert_20120812145203.jpg
ススキの花咲く上高地に到着。午後5時半少し前。

 「一本やり過ごして6時の最終バスで帰ろう-----」。

最後に、夏秋の花々をご紹介。

IMG_1580_convert_20120812152101.jpg
セリ科の花とシモツケソウとで紅白 ( オメデタイ !! )

IMG_1581_convert_20120812152138.jpg
サクランボのような赤い実をつけるタケシマラン

IMG_1614_convert_20120812152300.jpg
イワギキョウの紫は秋の気配

IMG_1612_convert_20120812152220.jpg
稜線の "ひまわり" ウサギギク、とケンを競うヨツバシオガマ

それでは、また山でお会いしましょう!!

追伸

ただいま、上高地直行便ツアー開催中です!!
8月中なら、往復交通費込みの現地フリータイム3時間付きで¥3500(但:8/11~19,25,26は通常価格)/お一人様 で行けちゃいます(通常¥5,000)。
秋の気配をいち早く上高地で感じてみてはいかがですか?
 

 | BLOG TOP |