雪の大谷バスツアーの中での楽しみといえば
巨大な雪の大谷が続く雪の回廊を歩きながら、
厳しい冬の寒さに思いを馳せること、
国の特別天然記念物の雷鳥さんと出会うこと、
剣岳などの険しくも美しい山々を眺めること、
など、
標高2450mという別世界を堪能することであります。
50周年2 ケーブルカー 
各種貴重な乗り物で楽しいです。


澄んだ青空とまではいきませんでしたが、あの方向には
富山湾が望めるのでは、という白銀の大パノラマまで
そこかしこにあるのですが、
売店のお菓子のパッケージでも毎日見る雷鳥さんに
当日、出会えたらいいなと期待感が充実しておりました。


じぇ。。。
気温7℃
気温7℃ですって?(コートが邪魔なくらい良い天気でした)

雪の迷路0 コピー ~ 雪の迷路
今年黒部ダム50周年記念イベントの一つ初登場の『雪の迷路』です。


__雪の大谷車窓から 雪の大谷0
雪の大谷は17mの高い壁が回廊のように続くすばらしい
景観に画像で見ていても実際の迫力には圧倒されました。

雪の大谷はバスも通過するルートとなっておりますので
スニーカー類でも滑らずに歩き廻れるのですが、
雷鳥さんらの巣があるエリアはバスロータリーの反対側に
位置しており一面雪の中を歩いていくため、やや大変な
行動が伴います。それでも貴重な経験目指して歩くのです

あの小屋の奥あたりだと雷鳥がたくさんいて会える確率が高いよ
雷鳥2

じぇじぇ。。。


と・お・い・っ。。。

でも


歩きました。
雷鳥3

雷鳥1



そして、出会いました。。。





こちらがそのときのお写真。




どんっ

雷鳥の看板


じぇじぇじぇ。。。

会えなかったのに。。。ようこそとお出迎えしてくれてる。。。 


雷鳥という字のごとくお天気しぐれる時に会えるとか会えないとか・・・。

『また、行きたいね』と感動された方がたくさんでしたので、
再度企画したいところです。また、雷鳥さんにも近くで会いたいものです。



 | BLOG TOP |