「安曇野検定」

 検定ばやりも一段落した感のある昨今ですが、長野県にも「信州検定」や「松本検定」などがあり、受検者数もそれなりにあるそうでにぎわっているようです。

 当あずみ野温泉ホテルのある安曇野市にも、実は「安曇野検定」なるものが始まり、ご多聞にもれず "ご当地検定" です。

 昨年までの三年をかけて 「 『安曇野検定』 準備講座 」 が開設され、地元の“各方面”に詳しい方々が講師となっていたので、熱心な方は初回から参加なさっているようでした。検定受検するしないにかかわらず、単発で受講してもそれぞれ内容が充実していて良かったようです。

 さて、その検定内容はといえば “ご当地検定” ならではで、「受検は安曇野市民のみ」を対象にしているように感じました。出題範囲は「安曇野検定」ガイドブック並びに「安曇野検定準備講座」の話の中から約7割が出されるというもので、年10回程度の講座出席も含め市外在住の人にはややハードルの高い検定だったようです。

 難しさの原因の一つに、5町村が合併して誕生した安曇野市なので、旧町村ごとには詳しいご年配の方でも「隣まちの歴史民俗にまでは・・・」という人も多かったようです。

 今年1月下旬に開催されたこの「安曇野検定」では、受検者数148名、合格者93名、合格率62.8%だったそうです。 (合格率6割以上ではムズカシイとはいえないか・・・・)

 検定に合格すると合格証が授与されます。

 安曇野検定①


 そして「安曇野検定オリジナル・ピンバッジ」も貰えます。

 安曇野検定②


 さらにさらに、安曇野市営資料館(美術館や博物館 市内9施設)の入館証もあります。
 
 安曇野検定③

 このあたりまでは松本検定実行委員会が開催している「松本検定」と同じ感じですが、「安曇野検定」の特徴として、主催が安曇野市教育委員会であるということで、受検料が無料なのです。

 我こそはと思う方は、ぜひ次回、受けてみてはいかがでしょうか? (無料です!)

 | BLOG TOP |