皆様こんにちは   

昨日、「北アルプス国際芸術祭」の説明会に行って参りました 

この芸術祭のパンフレットに記載の文字が こちら

         水 木 土 空
土地は気配であり、透明度であり、重さなのだ。



・・・って言われてもなぁ・・・・と思った私
感受性が乏しいようです 


こちらは国内外からアーティストの参加があり
大々的に行われる芸術祭です
美術館巡りがお好きな方や
自然豊かな場所を散策されるのがお好きな方にお勧めでございます 

201.jpg
こちらは仁科三湖のひとつの写真です


36組もの芸術家の作品を5つのエリアで
屋内や屋外に展示し、
演奏やパフォーマンスも開催予定です


開催日程:2017年6月4日(日)~7月30日(日) 57日間開催

開催エリアは5つのエリアに分かれています
  源流エリア
  仁科三湖エリア
  市街地エリア
  東山エリア
  ダムエリア  

開催地へはあずみ野温泉ホテルから
お車で約25分~40分 
JR大糸線で 穂高駅 → 大町駅 約30分 


作品鑑賞パスポート
一般    2,500円  前売り 2,000円
高校生  1,500円  前売り 1,000円
小・中学生 500円  前売り  300円
前売りは6月3日までの販売です
イベントや、施設内の作品については別途入場料などが必要な場合がございます

パスポートオンライン販売は
チケットぴあ、ローソンチケットなど
主要サイトで販売中です

パスポートは当ホテルからお車で5分程の
「安曇野アートヒルズミュージアム」でも販売しています


私個人の好みで恐縮ですが  
感受性が乏しいなりに興味をもちましたのは

フェリーチェ・ヴァリーニ氏
この方の作品は、1点から観た時だけ絵が完成し、
それ以外の場所から観るとただの断片的な線にしか観えないそうです


布施知子氏 の折り紙作品
参考作品でパンフレットに「無限折りによる枯山水」が掲載されておりますが
人が奥に映っているので、かなり大きい様子です 
折るのに体力が必要そうです 



芸術は個人表現なので、受け止め方も人それぞれですが
開催にあたっては、その手配やスケジュール調整など、大変な労力が必要だと予測します 

自然に恵まれた土地で、感動が数多く生まれることを願っております 

この芸術祭に合わせて
あずみ野で2泊くらいされて
ゆっくりとご鑑賞されるのはいかがでしょうか
レンタサイクルも現地でございます  


ご予約お待ちしております 
白澤でした 

 | BLOG TOP |