あやめ祭り

本日6月8日、いよいよ関東・甲信地方の梅雨入りが発表され、ここ安曇野も、しとしとと小雨模様の朝を迎えました。
空には、巣作りで忙しそうなツバメがシュンシュンと飛びかい、水田には、すうーっと伸びた稲がまるで緑の絨毯の様に広がり、これぞまさに「のどかな田園の風景」といった感じ。

ところで、皆様はこの梅雨の季節がお好きですか?実は私はあまり好きではありません。農作物が育つためにも、もちろん飲み水としても水資源となる雨は大切ですが、いかんせん、雨の日は、湿気のせいで髪の毛がもしゃもしゃになって収拾がつかないので気分が落ち込みます。
もちろん、お肌にとっては潤いを保つこの湿気は救いの神ですが・・・う~ん仕方ないか、と今年も諦め梅雨の季節を乗り切りますか
さて、そんな中、爽やかな花の話題をお届けしましょう。

一つ目は、安曇野市明科での「あやめまつり」6/9(金)~6/19(月)の日程で開催されます。当ホテルからは、車で約15分でしょうか。メインイベントは6/18(日)で、虹ますのつかみどり、あやめの育て方講座、ハナショウブの株の販売もあるようです。
ここで一つ素朴な疑問を持ちました。ハナショブとあやめとカキツバタは何が違うの?早速、ネットで調べたところ、パッと見は良く判りませんが、大きくまとめると、あやめは花びらに網目模様があり、葉は細くてたいら、乾いたところに生える。カキツバタは花びらに白いすじがあり、葉は幅広く全体にたいら、水辺に生える。
ハナショウブは花びらに黄色のすじがあり、葉は葉脈がくっきりと見え、湿地に生える。だそうです。
詳しくは、もっと細かい専門的な分類があるようですが、結局はどれも綺麗で楽しめれば良いかなぁ~と思います。

あやめ


二つ目は、池田町での「ラベンダー祭り」6/10(土)~7/17(月)の日程で開催されます。
当ホテルからは車で約20分でしょうか。
期間中は、摘み取りの体験やラベンダーのスティック作り、ハーブエッセンシャルオイルを使ったアロマクラフト教室(ジェル芳香剤、虫よけスプレー)、ラベンダーソフト等ハーブを満喫できるみたいです。

yjimage[8]


ラベンダーには、安眠効果や、心の癒しに効果があるといわれています。また、鎮痛作用や免疫力強化の作用もあるようです。
また、軽い火傷の応急処置や、傷跡を残りにくく回復させる効果もあるそうです。
じめじめして、気分が落ち込みがちな梅雨の季節、ラベンダーの香りで、心を癒しては如何でしょうか?

 | BLOG TOP |