ダイヤモンドあずみ野温泉ホテル アロマ兼フロントスタッフの松浦です

近頃世の中ではパワースポット巡りが流行っている様ですね。
パワースポットといえば、最近では穂高神社もパワースポットとして徐々に有名になりつつあります。(パワースポットの本に載っているのを見ました)
穂高神社には、樹齢約500年以上の大きなご神木があり、近年では良い波動を持っている…と崇められているそうです。
今年の1月頃にお参りに行った際は、ご神木の周りには何も無く、手で触れたり抱きついたりする事が出来たのですが、この間参拝に行った時には写真の様に周りに柵が設けられていました。(頑張って背伸びすれば触れられなくもありませんが・・・)
それだけ参拝する方が増えてきたんでしょうね。
このご神木には『孝養杉』という名称があり、名前の由来としては穂高柏原在住の高木康江(すみえ)さんという方が、大正10年辺りの10代の頃に、母親の病気平癒祈願の為、丑三つ時に白装束でお参りをされて、母親の病気が良くなったといったことがいつしか氏子の人たちから噂になり、いつの頃からかは定かではありませんが、人々から「孝養杉」と呼ばれるようになったそうです。
ご神木

ご神木に触れられなくても、境内にいるだけで身体がスゥーッと軽くなる様に感じます。
(人それぞれパワーの感じ方は違うでしょうし、全く感じられないという方もいるかもしれませんが)

安曇野にはこの他にもパワースポットと呼ばれる場所があります。
興味のある方はパワースポットをぜひ巡ってみて下さい。

 | BLOG TOP |